情報機器保護の対策

情報機器のための避雷対策

従来の避雷設備は、落雷による火災を防ぐことを主目的に避雷針や接地設備などを構築しています。それが現代では、情報化社会となり、企業はもとより一般家庭にもインターネットなどの情報機器が導入されるに至っています。これら情報機器は精密電子機器であるため、過電圧や電磁波に弱いので雷の影響を受けやすいものです。そのため、避雷設備によって、これらの情報機器を雷の影響から守ることがますます重要になって来ているのです。情報機器は雷から受ける影響は、主に電源線や通信線から混入するサージ電圧と、雷が空間に放出する強力な電磁波です。これらによって、情報機器が誤動作をしたり、故障を起こしてしまいます。更に、雷の影響を回避するための瞬間的な停電の対策も重要です。

総合的な観点で行う雷対策

情報機器のための避雷対策は、従来からの避雷針や接地をより高度なものにします。特に設置については、環状接地にして建物全体の電位差を無くすことが重要であり、電源線や通信線などの外部との接続には特段の注意が必要です。また、電源線やから混入するサージ電圧を除去するための避雷設備が発生させる瞬間的な停電による情報機器の誤動作ついても防止を図らなければなりません。そのために無停電電源装置を導入して安定した電力を情報機器に供給します。情報機器自体にも電磁シールドを施して、外部からの電磁波の影響を無くします。これらのことを総合的に行うことが雷対策となりますので、避雷針などの避雷設備を設置しただけでは総合的な雷対策とはならないので注意が必要です。